事前に用意しよう!コンタクト 保存液で安全に

事前に用意しよう!コンタクト 保存液で安全に コンタクトレンズを使用するにあたって、必ず準備しなければならないものがあります。それがコンタクトの「保存液」です。これは、適切にケアを行うことにおいて、欠かせず、用意していなければ目のトラブルを起こしたり、レンズをすぐにダメにしてしまったりする原因になります。当サイトでは、コンタクトレンズを使うにあたって必要となる保存液について紹介しています。

コンタクトといっても使用期限で分けるとワンデー、2ウィーク、1ヶ月、1年といった区別があります。ワンデーであれば、文字通り1日で使い捨てのレンズとなるため、使い終わったあとは破棄して、次に新しいのを開封する流れとなります。しかし、2ウィーク以上のレンズとなると、使い終わったあとに適切なケアをし、保存しなければなりません。その時に必要となるのが保存液です。専用のケースに保存液を満たし、直射日光が当たるような場所にはおかないように、十分な管理を行う必要があります。

保存液にレンズを入れているからといって、いつまでも使わない状態が続く場合には取り替えなければなりません。例えば、長期的な入院が必要となり、しばらくコンタクトを使わないという状況の時、レンズを使わないとしても保存液は徐々に古くなっていってしまいます。そのため、数日に1回は保存液を取り替えるようにするなど、レンズが痛んでしまわないように管理してあげる必要があります。

また、ソフトコンタクトの保存において注意しなければならないのが、水道水につけてはいけないということです。水道水にレンズが付着すると、レンズが変形したり、アカントアメーバという感染を起こす可能性があり、目に感染するとアカントアメーバ角膜炎を起こし、最悪の場合には失明の恐れがあるのです。これは、保存の時に気をつけるだけではなく、レンズを取り扱う際には、水道水が手に付着していないように、しっかり手を拭いてからレンズを扱うようにしましょう。

保存液がどうしても手元にないという場合には、生理食塩水を使うと保存液や洗浄液の代用として役立ちます。ただ、この方法を行う場合には一度水を沸騰させたり、塩分濃度を適切にしなければならなかったりするので、十分な知識を必要とします。やり方がわからないのであれば、緊急用に洗浄液や保存液の小さめのものを購入しておく方が安心です。当サイトではこれらのようなコンタクト 保存液に関する情報を紹介していますので、参考にしてください。

最新ニュース